日本人の靴が合っていない

こんにちは!院長の前田です。

今日は靴についてお話しますね。

 

当院では足の症状の他、様々な症状の患者様が来られますが、

足を診ると決まって「浮き指」・「外反母趾」・「扁平足」がみられます。



 

そもそも何故日本人の足がこのようになってしまったのでしょうか?

 

結論から言うと、「原因は靴」にあるように思います。

 

日本での履き物の歴史は、米作りを始めた弥生時代が最初であると言われています。

当時、履き物は農耕用に用いられていましたが、徐々に、一般庶民には草履(ぞうり)が普及していきました。

江戸時代末期までは草履や下駄が主流でしたが、現代のような洋靴を履いたのは、1582年、天正遺欧少年使節の4人であるとの記録があります。他には、日本人で初めて洋靴を履いたのは坂本龍馬であるという説もあります。



 

幕末から日本人が現代のような洋靴を履き始めて、まだ150年の歴史です。

一般の庶民が洋靴を履くというのは、第二次世界大戦以後のことからのようです。

そうなるとまだ日本人の靴の歴史はまだ100年足らずなんです!

 

外国と違い日本では靴を脱ぐという習慣があります。

だから靴選びでは脱着の容易さも求められます。

それ故に紐が緩かったり、サンダルのような靴が選ばれてしまいます。

自分に合った靴と言うよりは、デザイン性を重視される点も原因とも言えます。

 

合ってない靴は中で滑る、無駄なエネルギーを使う、足の骨も歪む、筋肉も疲労しやすい。

身体にとって良いことは何もないですね!

 

皆さんに質問です!

自分の本当の足のサイズを知っていますか?

ウィズは何ですか?

 

この2つの質問に答えられる方は自分の足に合った靴を選ばれていることでしょう。

 

・ウィズって何?

・足のサイズをちゃんと計ったことがない

・感覚で自分の足は幅が広めと思っている

・ゆとりのある靴が好きなので、いつも大きめを買う

 

一つでも当てはまっている方は、既に足腰の痛みに悩まれているかもしれません。

 

紐をしっかり結ぶ・自分の足のサイズに合った靴を履く!

これがとても大切ですね。

 

 

WALK鍼灸整骨院では足のサイズ測定を無料でやっています。



誰も教えてくれない自分の本当のサイズを知りたい方、お気軽にご相談下さい。

 

自分の身体に合った靴と共に、やっぱりオーダーメイドインソールがオススメです!!



 



 



 

次回は靴選びで大切なポイントについてお伝えします。

 

WALK鍼灸整骨院院長

柔道整復師・鍼灸師 前田直樹

—————————————————-

◆WALK鍼灸整骨院 福島本院

〒553-0001 大阪市福島区海老江1-11-2-106  TEL 06-6485-8484

福島本院とLINE友だち登録する → http://nav.cx/5RRhDVj

 

◆WALK鍼灸整骨院 都島

〒534-0015 大阪市都島区善源寺町2-8-14  TEL 06-6927-2120

都島院とLINE友だち登録する → https://lin.ee/BjPEktO

 

◆爪と角質の専門店 PODO WALK 都島

〒534-0015 大阪市都島区善源寺町2-8-14  TEL 06-6927-2120

PODO WALKとLINE友だち登録する → https://lin.ee/8v3W2Jf

 

◆WALKグループ公式HP  https://www.walk-seikotsu.com/

参考文献/理学療法士のための足と靴のみかた/坂口顕/文光堂