鍼灸治療って?

こんにちは、スタッフの森です。

今回は鍼灸についてのお話です。

鍼(はり)とお灸(きゅう)を使用して様々な症状に対し、身体に適切な刺激を入れることで改善を促す治療法です。

身体に多数存在する経穴(ツボ)を適切に刺激することで、本来持っている自己治癒力を高めます。

また、鍼(はり)とお灸はとても相性が良く、同時に施術することが可能です。
鍼(はり)とお灸、それぞれの特徴を活かし組み合わせることにより最大の効果を引き出しています。

鍼灸治療を受けたことが無い方にとっては「 鍼って痛そう。 」「 お灸って熱そう。 」というイメージがありますよね^^

でも「熱い!痛い!」と言って来なくなった方の確率は0.0025%です。

あっ、ゼロではないです。笑

痛みの感覚が人によって違う中で、これだけの確率ということはほぼ全ての方が安心して受けることが出来るということです。

当院では、使い捨ての滅菌された鍼を使っています。

鍼の細さは女性の髪の毛ほど。刺される時の痛さは蚊に刺された程度で、中のカタイ筋肉に当たると少し「 ず~ん 」とします。「響き」という鍼独特の刺激で、

これが「 心地良い 」と言われる方も居るぐらいの刺激です。

また、鍼灸治療をする上で一番いけないのが緊張をすること。

こわいとか痛そうとか、誰がどんなことをどんな想いでやるのか、性格や考え方・治療が合わないなんていうことがあると、カラダはリラックス出来ずなかなか良くなっていきません。

治療中は少しでもリラックスをしていただく必要があります。

そのために、こうやって少しでも不安を取り除けたらなと思って書いています。

「鍼 イラスト」の画像検索結果「鍼 イラスト」の画像検索結果

どんな効果があるの?

鍼・針

治療用に作られた鍼・針を使用することで行われる治療です。
特定の部位やツボに対して、鍼・針を刺入したり接触させることで、刺激量を調整し、健康的な身体作りの手助けをしてくれます。
総合的に、鍼灸の刺激は自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用します。
その結果として、筋緊張の緩和や血液及びリンパ液循環の改善を促します。
生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)そのものを改善させる働きがあると考えられています。
また、諸説がありますが、痛みの軽減や抑制など鎮痛効果もあるとされています。

 

お灸

ヨモギの成分に含まれるチネオールという精油成分が皮下に浸透し、温熱効果によって血行が改善されるだけでなく、鎮痛効果やリラックス効果も期待できます。
自律神経に作用することで、内分泌に影響を与え白血球の増進を促します。
それにより、免疫機能の改善など身体の調子を改善してくれます。

2/20(水)19:30~NHKガッテンで鍼灸治療についての特集があります!

そちらの方も参考にして頂けたらと思います。

 

今週の気象情報では、気温が高くなり花粉が本格的に飛散するという予報が出ております。早めの花粉症予防のためにもぜひ、鍼灸治療を検討してみてはいかがでしょうか。鍼灸治療について気になることや知りたいことがあればお気軽にスタッフまでご相談ください。

 

「鍼 イラスト」の画像検索結果「花粉 鍼」の画像検索結果「花粉 鍼」の画像検索結果

WALK鍼灸整骨院スタッフ

柔道整復師・鍼灸師 森  裕達朗

—————————————————-

大阪市福島区海老江1-11-2-106

WALK鍼灸整骨院 TEL06-6485-8484