膝の痛みが良くなる人、良くならない人

こんにちは。院長の前田です。
今回は膝の痛みについてお話します。
 
膝の痛みといっても何が原因で痛めているかによって様々です。
 

①筋肉


②靭帯
③半月板
④骨(関節軟骨)
 
 

私の経験からすると、上記原因での膝の痛みでは、①から順番に改善しやすいです。(損傷程度にもよりますが)
膝の痛みが気になって整形外科に通院された方も多いと思います。
決まって変形性膝関節症ですと診断され、ヒアルロン酸注射、湿布の処方、リハビリをされると思います。
ヒアルロン酸注射では、関節包の中にドロドロとした液体を入れて膝のクッションを復活させるわけですが、短期的には効果がある場合がありますが、長期的にみるとあまり意味がありません。
 

 
●ヒアルロン酸注射したけどあまり症状が改善しなかった場合…
 
軽傷です。良かったですね。
原因はおそらく「筋肉」です。
関節腔を広げても改善しないわけですから、軟骨のすり減りが原因ではないと言うことです。
筋肉治療は私達(柔道整復師・鍼灸師)の真骨頂ですね。
 
●ヒアルロン酸注射で痛みが改善された場合…
 
関節腔を広げると改善されたわけですから、軟骨がすり減ってきている可能性があります。
この場合、すでに階段降りるときに痛みが出ているものと推測します。
でも安心して下さい。大丈夫。この程度ならまだ治療で改善できます。
最も軟骨系で厄介なのは膝が曲がらなくなっている状態です。
曲げると痛いから曲げなくなるの最終章ですね。
見た目も膝の形が変わって変形が進行しているでしょう。
ここまで変形が進行していると元に戻すのは不可能です。
関節のアライメントを整えて、筋肉を緩めての症状緩和が私達の治療では限界でしょう。
 
●体重と膝の関係性
 
痩せたほうが良い…と何度医者から言われたでしょうか。
でも美味しいものは食べたいんですよね。
分かります!
ただ知っておいて下さい。
体重1キログラム増えると、平地で膝に3倍の負荷がかかります。
階段降りだと5〜6倍です。
前のサンディのお菓子が安いからといって、カゴに大量に入れるのは危険ですよ!笑
本当にこの先も自分の足で生きて行きたいのであれば「カゴに入れるもの」考えましょう。
 
 

●膝に水が溜まっている。抜くとクセになるの?

 
結論から言うとクセなんてものはありません。
炎症が起きているからその炎症を治めようとして、身体が自然な反応として水(関節液)を出すのです。
水を抜くと(関節穿刺)一時的に関節包の内圧は下がるため楽にはなります。
しかし炎症が治まっていないとまた水は溜まります。これを世間ではクセと言ってます。
炎症が治まれば自然に水も抜けて正常に戻っていきます。
あまり大きな声では言えませんが、この手なら整形外科行くよりも当院の方が早く治るでしょう。
 

●最後に半月板損傷

 
私も半月板損傷の方を何名も診てきましたが、短期間で改善させるのは正直難しいです。
半月板のどこで損傷しているか?
によっても変わります。
半月板の外側1/3は血行があるので修復していく可能性はあります。
ただ、内側2/3は血行がないため、手術が適用になります。
 

●まとめ

 
膝に関しては、変形最終章で膝が曲がらなくなるまで放っておかない!
そうなる前に予防をしましょう。
 

最後に、ご自身で膝をみるときの観察ポイントを4つ紹介しておきます。
  • 動き始めに膝が痛みますか?
  • 膝が腫れたり、熱っぽい感じがしますか? また、他の関節はどうですか?
  • 膝を動かすとひっかかりを感じたり、急に力が入らなくなったりしませんか?
  • 靴の底が内側だけ(あるいは、外側だけ)かたよって減ったりしていませんか?
こういった症状を観察したときは、当院に相談し治療を受けることをおすすめします。

WALK鍼灸整骨院院長

柔道整復師・鍼灸師 前田直樹

◆WALK鍼灸整骨院 福島本院

〒553-0001 大阪市福島区海老江1-11-2-106  TEL 06-6485-8484

福島本院とLINE友だち登録する → http://nav.cx/5RRhDVj

 

◆WALK鍼灸整骨院 都島

〒534-0015 大阪市都島区善源寺町2-8-14  TEL 06-6927-2120

都島院とLINE友だち登録する → https://lin.ee/BjPEktO

 

◆爪と角質の専門店 PODO WALK 都島

〒534-0015 大阪市都島区善源寺町2-8-14  TEL 06-6927-2120

PODO WALKとLINE友だち登録する → https://lin.ee/8v3W2Jf

 

◆WALKグループ公式HP  https://www.walk-seikotsu.com/