大阪市福島区で足・膝・関節の痛みでお悩みの方はWALK(ウォーク)鍼灸整骨院へ...

足の痛み専門・膝の治療・足元からの改善

予約優先制交通事故治療

大阪市福島区WALK整骨院
WALK鍼灸整骨院

診療時間

  • 午前 9:00~13:00
  • 午後 16:00~20:00
-
---

定休日:水土午後・日・祝(土曜日は9:00~14:00)

まずはお気軽にご連絡ください

06-6485-8484 06-6485-8483

予約優先制

0歳からの足育

こんにちは!

スタッフの桶村です。

本日は (0歳からの足育)
と言う本の内容を少しご紹介したいと思います。

足育とは一生を元気に自分の足で歩いていけるための学びです。
子どもの足にトラブルが急増しているのをご存知でしょうか?
およそ9割の子どもたちが足にトラブルを抱えています。
しっかりとした足を育てるためにはママやパパが正しい知識を持つことが必要不可欠です。
「0歳からの足育」と題して歩き出す前から行える足育ポイントから靴の正しい選び方、正しい履き方までを学んでいきます。
そして子どもだけではなく、後回しにしがちがママさんの足にも意識を向けていきましょう。
足が整うと自然と体全体も整ってきますよ。

① 子供の靴選び適当で大丈夫?

靴を選ぶ時には大事なポイントが4つあります。

(今回は2つ目を紹介したいと思います。)

2 シャンク

簡単に言うとシャンクとは、靴の土踏まずの所にある硬い芯の様なものです!

皆さん、自分の履いている靴にはシャンクは入っていますか?

確認の仕方は至って簡単です!!
靴底の曲がる部分を見てください。

踵を持ち爪先を上から押さえます。

imageimage

入っている靴と入っていない靴では一目瞭然です!

この時、とても大事になるのが、MP関節(母指球)でしっかりと靴底が曲がるのか?
ということです。

このMP関節(母指球)で曲がる部分を「返し」と呼びます。

この靴は「返し」がいい。「返し」が悪い。などと表現されます

シャンクがしっかりしている靴では、MP関節部分の曲がりを柔らかくし「返し」をよくしている事で足の負担が物凄く減ります!!

次にシャンクが入っている靴と入っていない靴の歩行時の大きな違いを説明します。

先程は、靴を横から見て靴底の曲がり具合を見ました。
今度は、縦から見てみましょう。

靴の前足部側と後足部側を持って、強く捻じった時の写真です。



シャンクがない靴は、靴全体の構造も柔らかくなり写真のように捻じれやすくなります。

さて、これを歩行中の足部に照らし合わせて考えてみましょう。

踵から足底全体が接地し荷重がかかり始めると、徐々に足関節は回内してきます。

つまり、前足部は地面に固定され、後足部が回内してくる形です。

過度な回内は、「一歩」の中での足底の接地時間が長くなります。

下の写真は踵が上がる瞬間に画像を止めたものです。

image

紫色の写真の方が、足関節が回内しているのが分かると思います。

過度な回内は、「一歩」の中での足底の接地時間が長くなります。

ものすごく簡単に言うと、「土踏まずがつぶれている時間が長い」、ということです。

足底の接地時間が延長すれば、足関節の回内に伴う下腿(すねの骨)の内旋運動が大きくなります。すると膝関節や股関節の他部位の機能次第では膝や股関節障害の原因にもなりえます。

前回お話しさせて頂いたヒールカウンターとシャンクが組み合わされる事で、土踏まずの低下などの足関節の障害が無くせます。

今後、何かしら身体のトラブルにより悩むお子さんに接する親の皆さんは、その子にとって「今、何が一番必要か」を考えなければいけません。

足の病気を起こさない様、子供の為にも靴の知識を知って足の病気を予防しましょう!!

次回、私の回では靴選びのポイント

3 アウトソール

についてお話しさせて頂きたいと思います。
^ ^