足の小指使えてますか?

こんにちは(^^)

都島院 副院長の森です。

セミが鳴き始め、いよいよ夏らしくなってきましたね。

梅雨明け宣言ももう目の前です!

 

今回は足の小指についてです。

みなさんは足の小指を手の指のように自由に動かせますか?

何歳になっても自分の足で歩ける人には足の小指が「開く」「動く」「強く握れる」という共通点があります。

足の小指が動かせると、足元が安定してふらつかないだけでなく、

全身を上手に動かせるため、転ばずに歩くことができるのです。

 

では、どれぐらい動かせるかチェックしてみましょう!

 

チェック1  足の指で「グー」ができますか?



足指をしっかりと地面につけるには「グー」の動きが重要。

曲げた足の小指を手で伸ばそうとしても伸ばせないくらい力が入れられればOKです。

 

 

チェック2  足の指で「パー」ができますか?



「パー」の動きができると、転倒が防げます。

手をパッと開いた時と同じように、親指と小指が外側に開くことがポイント。

 

 

チェック3  足の指で「チョキ」ができますか?



「チョキ」ができるのは、足の指の動きがよい証拠。

親指とそれ以外の4本の指をしっかりと分けて動かせればOK。

 

 

チェック4  かかと立ちができますか?



かかとを地面につけた状態でつま先を高く上げ、10秒間キープ。

難しければ、小さく足踏みをしてもOK。足先がしっかり上がると、つまずき防止になります。

 

チェック5  つま先立ちができますか?



バレリーナのように足指からすねまでをまっすぐにして、10秒間立てますか?

ほんの少しでいいので、小指を外側に開いて立ちましょう。

 

 

チェック6  足の状態チェック

□足が重たく、だるい

□5分ほど立っているだけで疲れてしまう

□靴底が一部だけ削れていたり、足裏にタコができたりしている

□「がに股」「内股」など、歩き方について指摘されたことがある

□かかと立ちやつま先立ちが10秒間続けられない

□かかと立ちやつま先立ちが10秒間できるが、やった後にとても疲れる

□足が冷えている

□足がむくんでいる、靴下を脱ぐとゴムのあとがついている

□足の肌の色が悪い、爪の色が悪い、肌がガサガサしている

□よく足がつる

□つまずきやすい

 

さて、何個当てはまったでしょうか?

「足の状態チェック」で1つか2つであれば合格ラインの足指です。

 

 

お知らせ

21日~23日は休診となります。24日(土)は

福島本院 8:30~13:30 16:00~19:00

都島院 9:00~18:00となっております。

休み明けになりますので、ご希望のお時間にご案内できない場合がございますので、

早めのご予約をお願い致します(^^)

 

 

WALK鍼灸整骨院 都島 副院長

柔道整復師・鍼灸師 森 裕達朗

—————————————————-



◆WALK鍼灸整骨院 福島本院

〒553-0001 大阪市福島区海老江1-11-2-106  TEL 06-6485-8484

福島本院とLINE友だち登録する → http://nav.cx/5RRhDVj

 

◆WALK鍼灸整骨院 都島

〒534-0015 大阪市都島区善源寺町2-8-14  TEL 06-6927-2120

都島院とLINE友だち登録する → https://lin.ee/BjPEktO

 

◆爪と角質の専門店 PODO WALK 都島

〒534-0015 大阪市都島区善源寺町2-8-14  TEL 06-6927-2120

PODO WALKとLINE友だち登録する → https://lin.ee/8v3W2Jf

 

◆WALKグループ公式HP  https://www.walk-seikotsu.com/